平成29年1月15日 高山神社参拝

投稿日: カテゴリー: 未分類

高山神社(群馬県太田市)を参拝しました。

同社の御祭神は「寛政の三奇人」として崇められた高山彦九郎公です。

高山公は江戸時代の勤皇家として諸国を旅し、京都の朝廷とも結びつきを強めましたが、幕府により警戒され自刃されました。

同社は明治12年に鎮座祭を執行し、地域の尊崇を集めてきましたが、平成26年12月に出火し、御殿が全焼しました。現在は再建に向けた取り組みがなされています。

境内には火災にあった案や擬宝珠が安置されています。

なお、近くの新田神社も同時期に火災にあい、こちらも再建に向けた取り組みが進んでいます。