花瑛塾第9次沖縄派遣団 北部訓練場工事再開抗議・今帰仁城址見学

投稿日: カテゴリー: 未分類

花瑛塾第9次沖縄派遣団は28日午前、沖縄県国頭村・東村に位置する北部訓練場(キャンプ・ゴンザルベルス、ジャングル戦闘訓練センター)メインゲート前にて、同訓練場の基地機能を強化するヘリパッド建設とオスプレイ離発着訓練の固定化へ抗議しました。

政府は昨年12月にヘリパッド建設が竣工したと強弁し、北部訓練場の過半が返還され、基地負担が軽減したといいますが、杜撰な突貫工事により赤土流出など被害が出ており、ヘリパッドののり面の崩落なども起きています。

現在は希少生物の営巣期間であり、音の鳴る工事など大規模工事は休工となっていますが、7月1日より工事再開が予定されています。

28日午後、古琉球三山の一つ北山の今帰仁城址(沖縄県今帰仁村)を見学しました。遺構は石垣のみですが、2箇所に御嶽があり今でもノロが祈願に参るそうです。水利の悪さからノロが雨水を用い祭祀をした場所もあり、今帰仁・運天港・伊平屋伊是名という琉球の神話伝承とノロ祭祀の地域性について考えさせられました。