花瑛塾第9次沖縄派遣団 浦添城跡散策

投稿日: カテゴリー: 未分類

浦添城跡(沖縄県浦添市)を訪れました。

浦添城は古琉球時代の舜天王・英祖王統の居城ともいわれており、英祖王と第二尚氏・尚寧王の陵墓「浦添ようどれ」があります。英祖王は舜天王統を引き継いだといわれ、その生誕にあっては日光感精型説話が語られるなど太陽信仰を象徴しています。

城郭は薩摩藩の琉球侵攻(いわゆる島津氏による「琉球入」)の際に焼き討ちされ、さらに沖縄戦では首里の司令部を防衛するための防衛線となり、映画「ハクソーリッジ」の舞台ともなっている日本軍第32軍第62師団・第24師団と米軍第10軍第96師団・第77師団を中心とする前田高地の激戦が繰り広げられました。こうした経緯もあり浦添城跡は荒廃しましたが、近年石垣などが整備されました。

映画の影響もありここのところ浦添城跡を訪問する方が多いといわれていますが、城跡や周辺には沖縄戦で住民が避難したガマや御嶽・拝所など古琉球・尚氏時代の史跡も多数あり、訪れた際にはそちらも見学して欲しいと思います。