NO ARMY BESE @ JAPAN

花瑛塾は花瑛塾結成趣意書にて明らかにした通り、在日米軍は日本にとって不必要であると訴え、全ての在日米軍基地の即時撤去を求めています。

米軍の日本駐留を核とする日米安保体制がまさに対米隷属体制であることは、いまさらいうまでもありません。キャスパー・ワインバーガー米国元国務長官は「在日米軍海兵隊は日本防衛の為に駐留しているのではない」と明言しており、日米安保条約により米国が日本を防衛しないことは明白です。そして、米兵自身が他国の為に、さらに米国の“隷属国家”である日本の為に、血を流してくれるのか甚だ疑問です。そのようなことがあり得ないことは、家族や友人がいる人間であれば簡単に想像出来るはずです。

海兵隊とは海外での武力行使を前提とし、米国の国益を第一として展開する部隊であり、米国の行う大規模軍事行動には常に最前線に投入され、その為に全世界に展開されており、有事の際には世界中どこにでも展開できる能力を保有しています。

つまり、米海兵隊は米国による米国の為の部隊であって、「日本を中国や韓国や北朝鮮から守ってくれる」という“米軍神話”“日米安保神話”は原発安全神話同様、「そう信じたい」「そうであって欲しい」という事でしかありません。むしろ、米国が世界で戦争をする為の部隊が沖縄はじめ日本各地に配備されていることに危機感を持ち、「米国の軍事行動を利する日本でいいのか」、「米国の世界戦略に巻き込まれていいのか」、「自国を自主防衛する為にはどうしたらいいのか」と考えるべきではないでしょうか。

「日本を守る」、「基地が返還される」といった美名の下、米軍再編・在日米軍基地機能強化の為に高江ヘリパッド建設が強行され、ほぼ完成に近づいています。既にオスプレイの離発着訓練が開始されはじめました。辺野古新基地建設も着々と進められています。歴史的事実を振り返った時、沖縄から在日米軍がベトナム戦争・湾岸戦争・イラク戦争などに出撃しました。今後、在日米軍が実際の戦争の為に辺野古新基地や高江ヘリパッドから飛び立つ日が来ることもあり得ます。

繰り返すようですが、それは決して日本を守る為ではありません。日本を守る為ではないのに米軍は日本におり、米兵は日本で犯罪を犯し、その為の被害者への賠償・補償は日本の税金から捻出される場合もあります。抑止力として配備されているはずの在日米軍が、実は日本に居座る一番身近な脅威だということを知らなければなりません。その脅威を沖縄に集中させ、更には大規模な警察力をもって国家が沖縄を蔑ろにするようなことがあってはなりません。

しかし、言葉を費やしてもなかなか理解は得られません。沖縄基地問題は沖縄と本土とで大変な温度差があり、偏見や蔑視も存在します。在日米軍基地をどう思うか、基地反対運動をどう思うか、実際に現場を見て感じて欲しいということが一番伝えたいことです。

花瑛塾は、東京では防衛省や首相官邸前にて沖縄基地問題について訴えています。また、何度となく沖縄派遣団を結成し、辺野古や高江にて現地の人の話を聞いたり、実際にキャンプ・シュワブや北部訓練場など基地ゲート前で独自の反対運動を展開しています。日の丸を背負って反対運動に同行・参加したい方は問い合わせまでお知らせください。