【KAEI SEMINAR】まなび

過去のKAEI  SEMINARはこちら

 3月22日(金)開催の花瑛塾の公開セミナーのご案内です。予約・事前申し込み不要ですが、前もって席を確保されたい方は下記フォームからお申し込み下さい。

やんばる地区の米軍基地に関する環境問題

 2016年12月、沖縄島北部やんばるの森に立地する米海兵隊演習場「北部訓練場」の約4,000ヘクタールが、6箇所のヘリパッド建設と引き換えに返還された。沖縄防衛局は演習場返還にあたり、返還地に残された米軍の廃棄物や土壌汚染の撤去・除去を行ったと説明し、返還地の一部は国立公園ともなったが、講師は実際に返還地で未使用弾や照明弾、レーション(携行糧食)のゴミなどを大量に発見し、報道でも取り上げられている。

 今回のセミナーでは、北部訓練場返還地の現状とやんばる国立公園化の問題点、あるいは北部訓練場周辺の集落である高江・安波や北部訓練場返還地における米軍機の飛行状況、そして高江・安波で講師が発見した希少動物や米軍ヘリパッド建設や米軍機の飛行が野生動物や生態系に与えた影響の具体例などについて、映像とともに報告いただく。

講師:アキノ隊員(宮城秋乃:チョウ類研究者)

沖縄県内のチョウの生態を研究。2011年秋より米軍ヘリパッド配置地域である高江・安波地区の環境調査を開始。2016年12月から北部訓練場返還地の米軍廃棄物と土壌汚染についても調査。日本蝶類学会・日本鱗翅学会会員。

日時:平成31年(2019)3月22日(金) 開場:18:30 開会:19:00

予約:不要(事前に席を確保したい方は下記フォームよりお申し込み下さい)

会費:500円(学生、障がい者、介護者無料)

会場:ハロー貸会議室神保町8F(東京都千代田区神田小川町3-10新駿河台ビル8F、1Fにスポーツ用品店が入居しているビル)

 

 

下記フォームよりお申し込み下さい。

3月22日やんばる地区の米軍基地に関する環境問題 参加申し込み

※携帯キャリアのメールアドレスをご使用の場合は、@kaeizyuku.comからのメールが受信出来るよう設定の上、お申込みください。