平成29年4月21日 沖縄文化研究所総合講座「沖縄を考える」第3講

投稿日: カテゴリー: 未分類

法政大学沖縄文化研究所総合講座「沖縄を考える」第3講「沖縄を知るための100冊」(講師:宮平真弥氏)を受講しました。

講義内容は、沖縄の歴史や基地問題などを考える上で必要な資料を紹介するものでした。書籍だけではなく映像資料も複数紹介され、沖縄戦における従軍慰安婦の苦労などの紹介もありました。

講師の宮平氏は法政大学で法制史を学び、法制史や法学を教授するかたわら、近著に『琉球独立への本標(ほんしるべ) この111冊に見る日本の非道』があり、沖縄を知る111冊の本を書評し、沖縄を独立までに追いやる日本の沖縄への非道を訴えています。

また講義では、明治新政府は琉球王国とどのように対応し処遇すべきか様々な意見がありましたが、法政大学に所縁深いボアソナードもそのようないわゆる「琉球処分」に見解を示したというエピソードの紹介があり、興味深いものがありました。