平成30年11月16日 花瑛塾は結成2周年を迎え、墓参と街宣をおこないました

 平成28年(2016)11月16日に結成した花瑛塾はこの日、結成2周年を迎え、花瑛塾「道統の祖」と仰ぐ先覚者の墓参をおこない、結成よりこれまでの取り組みと今後の決意をお伝えしました。  同氏は、昭和初期に東京に生まれ私立大学に進学しますが、終戦直後の混乱の時代にあって中途で退学、その後は東京・渋谷で青春を過ごし勇名を馳せるとともに、昭和後期からは千葉・館山に道場を設け、多くの青少年の指導に当たり […]

第23回安倍・プーチン日ロ首脳会談開催、昭和31年日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉加速へ─「外交の安倍」が功に焦ったか─

1  ASEAN関連首脳会談のためシンガポールを訪れている安倍晋三首相は14日午後、ロシア・プーチン大統領と首脳会談を行った。安倍首相とプーチン大統領による首脳会談は、今回を含め23回目となる。  今回の首脳会談は、ウラジオストクでおこなわれた9月の東方経済フォーラムの席上、プーチン大統領が年末までに領土返還などの前提条件なしの条約締結を提案し、その場にいた安倍首相が何らの反応を示すことがなかった […]

米軍機が那覇市の東南東約290キロの海域に墜落─米軍は軍用機、化学兵器、核爆弾など、あらゆる「危険」を沖縄の海に捨ててきた─

 11月12日、米海軍FA18戦闘攻撃機1機が那覇市の東南東約290キロの海上で墜落した。墜落機搭乗員2名は緊急脱出し、米軍ヘリに救助され無事とのこと。漁船が墜落事故に巻き込まれるなどその他の人的被害も確認されていない。  墜落現場は空域と海域が米軍に提供されている沖縄近海の訓練区域「マイク・マイク」とされる。事故当時、自衛隊と米軍が共同巡航訓練を行っており、墜落機は米空母「ロナルド・レーガン」か […]

平成30年11月10日 在日韓人歴史資料館第113回土曜セミナー

 在日韓人歴史資料館(東京・港区)で開催された第113回土曜セミナーに参加しました。「三韓征伐─古代朝鮮支配『言説』の消長─」とのテーマで、同資料館館長で早稲田大学教授の李成市氏よりお話しを伺いました。  『古事記』『日本書紀』など記紀神話に語られる神功皇后のいわゆる「三韓征伐」譚は、記紀の編纂当時の日本が置かれていた対外関係─特に新羅国を念頭においた─を背景に生成していった神話であり、朝鮮半島出 […]

平成30年11月8日 花瑛塾行動隊街頭行動(沖縄基地問題など)

 花瑛塾行動隊は8日、首相官邸・米大使館・自民党本部周辺などにて、安全保障や抑止力の観点からも、沖縄の発展の観点からも、まったく無意味かつ有害な辺野古新基地建設の中止など、沖縄の民意に向き合うよう日米両政府に訴えました。  沖縄に駐留する米軍の大半は海兵隊であり、辺野古新基地も海兵隊の基地の新設ですが、海兵隊そのものは防衛のためではなく敵国への出撃・上陸・占拠のための攻撃用部隊であり、沖縄の防衛に […]

平成30年11月1日 花瑛塾第15次沖縄派遣団⑧(小浜島戦争遺跡見学)

 花瑛塾第15次沖縄派遣団は1日、アールムティの特攻艇秘匿壕や震洋隊兵舎跡地、ナークレーやニシンダの慰安所跡地、仮校舎となった嘉保根御嶽など、小浜島(八重山郡竹富町)の沖縄戦戦争遺跡や関連施設跡を見学しました。  沖縄戦時、小浜島では米軍の上陸や地上戦こそありませんでしたが、空襲が毎日のようにあったといわれています。また日本軍が駐屯し牛などの食糧や資材の供出がおこなわれたり、石垣島での飛行場建設の […]

花瑛塾会報「神苑の決意」第25号発行しました

 花瑛塾会報「神苑の決意」第25号発行しました。読者の皆様のお手許には、近日中に届くと思います。  昭和45年(1970)11月25日に発生した「楯の会事件」(三島事件、三島・森田事件)より今月で48年となりますが、戦後神道界を代表する言論人・葦津珍彦氏は、同事件について強い関心を抱き、「神社新報」などで複数の記事を執筆し、事件の分析と三島氏の思想の解明を試みています。  今号巻頭言では、葦津氏の […]

国交相が辺野古新基地建設埋立承認撤回の執行停止を決定ー日本政府の横暴を止めるべきは誰か?

埋立承認撤回執行停止、新基地工事再開へ  今月10月30日、石井国交相は沖縄県の埋立承認撤回について執行を停止すると発表した。早ければ明日11月1日にも工事が再開される見込みだ。  本年8月30日、沖縄県が辺野古新基地建設の埋立承認を撤回して以降、沖縄県と政府は様々なやり取りがあった。沖縄防衛局は10月17日、行政不服審査法に基づき、公有水面埋立法を所管する石井啓一国交相に審査請求するとともに、撤 […]

平成30年10月30日 花瑛塾第15次沖縄派遣団⑦(石垣島事件・尖閣諸島戦時遭難事件慰霊など)

 花瑛塾第15次沖縄派遣団は30日、沖縄戦時に石垣島で発生した日本軍による米軍捕虜殺害事件の事件現場や慰霊碑を訪れるとともに、同じく沖縄戦時の石垣島で発生した疎開船への米軍の攻撃とこれによる尖閣諸島への漂流事件の慰霊碑を訪れました。その後、今年度内に着工が目指されている石垣島平得大俣地区の陸上自衛隊駐屯地建設予定地を見学しました。 石垣島事件 沖縄戦時、石垣島では連日米・英軍が空襲をおこなっていた […]

平成30年10月29日 花瑛塾第15次沖縄派遣団⑥(ババハルさん慰霊など)

 花瑛塾第15次沖縄派遣団は29日、戦時中、沖縄戦を控えて日本軍の配備が進んでいた石垣島で亡くなった慰安婦のババハルさん(国籍など不明)が埋葬された地(石垣市川平)を訪れ、慰霊・追悼の祈りを捧げました。  ババハルさんは石垣市川平に設置された慰安所で慰安婦として働かされていましたが、何らかの理由で亡くなりました。遺体は川平の海岸近くの畑に埋葬されましたが、墓もなく弔う人もいません。同地で亡くなった […]