「AERA」2019年1月28日増大号(1月21日発売号)に花瑛塾が取り上げられました

 21日発売の週刊誌「AERA」2019年1月28日増大号「時代を読む」は、「あえて「左翼」「右翼」に飛び込んだ若者たち いまだからこそ不条理と闘う」とのタイトルで、左翼セクトや右翼団体で活動している若者に取材し、運動に入った経緯や現在の問題意識などをインタビューしています。  わが花瑛塾の塾生関村勇希(21)のインタビューも掲載されています。ぜひご購読下さい。 https://publicati […]

北方領土問題に抗議した花瑛塾学生部長A同志の逮捕に関して

 東京地検は17日、A同志の釈放を決定しました。これをうけてA同志は17日午後6時頃、留置先の警察署から釈放されました。皆様には大変ご心配をおかけしました。取り急ぎご報告いたします。  15日(火)、花瑛塾学生部長A同志(21歳)が総理大臣官邸付近において警視庁機動隊により逮捕されました。  A同志は普段アルバイトをしながら学業にはげみ、そのかたわらで安倍政権への抗議活動を続けていました。一刻も早 […]

KAEI SEMINARのご案内

過去のKAEI SEMINARはこちら  3月22日(金)開催の花瑛塾の公開セミナーのご案内です。  予約・事前申し込み不要ですが、前もって席を確保されたい方は 【KAEI SEMINAR】 の申し込みフォームからお申し込み下さい。 ※ やんばる地区の米軍基地に関する環境問題  2016年12月、沖縄島北部やんばるの森に立地する米海兵隊演習場「北部訓練場」の約4,000ヘクタールが、6箇所のヘリパ […]

平成31年1月11日 花瑛塾行動隊街頭行動(沖縄基地問題)

 花瑛塾行動隊は11日、首相官邸・自民党本部・国会周辺にて、沖縄に基地負担を押しつけてきた「本土」の歴史的責任を訴えるとともに、安倍首相による「サンゴ移植」のウソ・デタラメ・フェイクを糾弾しました。  沖縄に駐留する米軍の大半は海兵隊ですが、そもそも米海兵隊は岐阜や山梨に配備されていたところ、1950年代の「本土」での反対運動の高まりもあり、沖縄に移転していきました。沖縄基地問題の原点は、沖縄戦と […]

平成31年1月5日 花瑛塾行動隊街頭行動(辺野古新基地問題)

 花瑛塾行動隊は5日、首相官邸・自民党本部・国会周辺にて、昨年末に強行された政府・防衛省沖縄防衛局による辺野古新基地建設に関する土砂投入に抗議街宣を行いました。  新聞報道によると、沖縄防衛局が発注する事業の過半を沖縄県外の企業が受注しているそうです。基地負担は沖縄に、利益は県外・本土にという構図がはっきりしてきました。基地建設は沖縄を守るため、沖縄経済のためには基地が必要なのだといわれますが、こ […]

KAEI SEMINARのご案内

2月1日の KAEI SEMINAR のお申し込みは、参加希望者が定員に達したため締切ました。   過去のKAEI SEMINARはこちら  花瑛塾の公開セミナーのご案内です。  席に限りがある為、参加を希望される方は 【KAEI SEMINAR】 の申し込みフォームからお申し込み下さい。 ※ 沖縄はうちなんちゅのもの─本土からやまとんちゅが出来ること─ 講師:仲村之菊(花瑛塾副長)   […]

【謹賀新年】本年も一年どうぞよろしくお願いします

 新年明けましておめでとうございます。花瑛塾は2日、皇居での新年一般参賀に参列し、天皇陛下のお言葉を拝聴しました。  平成28年(2016)11月16日に結成した花瑛塾ですが、いよいよ平成という一つの時代の終わりと新しい時代の始まりの年を迎えることになりました。天皇陛下のお言葉を拝聴し、あらためて天皇陛下の平和を願う御心をわが心とすることを決意した次第です。  さて、繰り返すようですが本年は御代替 […]

【本年の御礼】一つの時代と終わりと新しい始まりを前に

 早いものでもう年の暮れとなりました。今年一年、皆様には花瑛塾の思想と行動にご支援とご協力、ご理解とご賛同をいただきましたこと、心から御礼申し上げます。  来年はいよいよ御代替わりの年となります。平成という一つの時代の終わりと新しい始まりを前に、何をなすべきか考えることしきりです。  戦後神道界を代表する言論人・思想家である葦津珍彦氏は「新しい国際情勢の転回に際して新しい決断を下すことこそ維新だ」 […]

「神苑の決意」第27号・第28号合併号発行しました

 「神苑の決意」第27号・第28号合併号発行しました。読者の皆様のお手許には、近日中に届くと思います。  前号巻頭言では、前々号に引き続き戦後神道界を代表する言論人であり思想家の葦津珍彦氏の三島由紀夫論を取り上げました。特に三島由紀夫「英霊の声」に対する葦津氏の批評について紹介するとともに、葦津氏のいうアウト・ロウの系譜と日本の右翼の系譜について確認する内容でした。  今号巻頭言では、平成という時 […]

平成30年12月28日 花瑛塾行動隊街頭行動(安倍政権批判)

 花瑛塾行動隊は28日、首相官邸・自民党本部・米大使館周辺において、地位協定も含め沖縄に基地負担を押しつけることでようやく成り立っている日米安保体制の根本的な見直しを訴えました。  現在、日本政府は韓国海軍艦艇による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件について、映像を公表するなど粘着的に追及していますが、その一方で例えば沖縄のキャンプ・シュワブから民家に銃弾が流れ飛んだ事件はうやむやのまま […]