平成29年9月8日 花瑛塾第10次沖縄派遣団

花瑛塾第10次沖縄派遣団は8日、沖縄県各地を訪れ、様々な取り組みを行いました。 午前中、読谷補助飛行場跡(読谷村)とハンビー飛行場跡(北谷町)を訪れ、返還後の基地跡の現状を確認しました。 読谷補助飛行場は旧日本軍により沖縄戦に向けて建設された「北飛行場」を接収した米軍が拡張した飛行場ですが、SACO合意により返還が決まり、2006年に全面返還されました。読谷補助飛行場ではパラシュート訓練によるトレ […]

平成29年9月6日 北朝鮮問題に関する花瑛塾行動隊街頭行動

花瑛塾行動隊はこの日、朝鮮総連本部前にて北朝鮮のミサイル発射・核実験に強く抗議し、その兆候が見られる再度のミサイル発射について自制を求めました。 北朝鮮のミサイル発射や核実験は国連安保理決議に違反するものであり、国際社会への重大な挑戦であるとともに、東アジアに不必要な軍事的緊張をもたらすものです。さらに厳しい経済情勢による国民生活の窮乏がいわれている北朝鮮人民にとっても、北朝鮮指導部が推し進める軍 […]

平成29年9月6日 関東大震災「福田村事件」慰霊・追悼

「関東大震災福田村事件犠牲者追悼慰霊碑」(千葉県野田市)に献花をし、慰霊のまことを捧げました。 1923年9月1日の関東震災発生から5日後の9月6日、同地で香川県出身の行商人らとその家族15人が自警団に襲われ、幼児や妊婦を含む9人が虐殺されました。いわゆる「福田村事件」です。 震災発生直後より「朝鮮人が放火をしている」「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」などといった民族差別に基づくデマが飛び交い、各地 […]

平成29年9月6日 映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』(監督:佐古忠彦氏)を鑑賞しました。 本作は、沖縄人民党委員長や那覇市長・国会議員などとして活躍した政治家・瀬長亀次郎を扱うものです。 本作は沖縄で先行公開され、現在はユーロスペース(東京都渋谷区)にても公開中です。 瀬長は勿論、瀬長と共に戦った沖縄の人々の思いにもまた胸をうたれました。 本作と瀬長について、以前の記事で取り上げました。以 […]

平成29年9月3日 北朝鮮問題に関する花瑛塾行動隊街頭行動

花瑛塾行動隊は、朝鮮総連本部前にて北朝鮮が先月29日に強行したミサイル発射、およびこの日に強行した核実験に抗議しました。その後、首相官邸前・自民党本部前・アメリカ大使館前にて、日米両政府と北朝鮮との対話の開始と核兵器の廃絶を求めました。 北朝鮮のミサイル発射および核実験は、国連安保理決議に違反するものであり、国際社会への重大な挑戦です。そして東アジアにおける不必要な軍事的緊張を高めるものであり、許 […]

平成29年8月31日 花瑛塾行動隊街頭行動

花瑛塾行動隊はこの日、自民党前・首相官邸前で安倍政権が強行する辺野古新基地建設や北部訓練場ヘリパッド建設など、沖縄での新基地建設・基地機能強化に抗議すると共に、北朝鮮のミサイル発射など「北の脅威」なるものを扇動し、北朝鮮による日本人拉致事件などの懸案事項の解決のための対話を蔑ろにする安倍政権の無意味かつ危険な対北外交を糺しました。 その後、アメリカ大使館前にて広島・長崎原爆投下や東京大空襲、近くは […]

平成29年8月31日 東京都慰霊堂参拝

1923年9月1日に発生した関東大震災より94年を明日に控えたこの日、東京都慰霊堂(東京都墨田区横網公園)と敷地内に建つ震災遭難児童弔魂像や虐殺された朝鮮人犠牲者追悼碑など各碑の前にて慰霊・献花をしました。 東京都慰霊堂は関東大震災の犠牲者の御遺骨を納める施設として昭和5年に建てられました。また戦後は東京大空襲犠牲者の御遺骨も納めており、関東大震災と東京大空襲犠牲者の慰霊施設として、東京大空襲が起 […]

花瑛塾会報「神苑の決意」第11号発行しました

花瑛塾会報「神苑の決意」第11号(平成29年9月号)発行しました。 近日中に読者の皆様のお手許に届くと思います。 詳細は当サイト花瑛塾会報「神苑の決意」もしくは花瑛塾ONLINE STOREより御確認下さい。

平成29年8月26日 関東大震災における外国人虐殺被害者慰霊

1923年9月1日に発生した関東大震災より94周年を間近に控え、震災直後の9月3日に惹起された中国人虐殺事件「東大島町事件」の現場(東京都江東区大島8丁目)を訪れ、慰霊・鎮魂の祈りを捧げました。 震災直後に発生した「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「社会主義者が革命を企てている」などの流言飛語により、多数の朝鮮半島出身者や社会主義者が軍や警察そして民間人・自警団により虐殺されましたが、中国人も多数虐殺さ […]

平成29年8月23日 神仏奉拝(金刀比羅宮、月寒神社)

金刀比羅宮(東京都港区)を参拝しました。 同宮は江戸時代に讃岐国丸亀藩主・京極高和が金刀比羅宮(本宮)の御分霊を藩邸内に勧請したことを創建の契機とします。御祭神は大物主神・崇徳天皇です。江戸市中の人々の尊崇を集め、藩邸を開放し参拝を認めたとの逸話もあります。 月寒神社(札幌市豊平区)を参拝しました。同社は広島県出身の移住民が勧請し、大正7年に村社に列格されました。御祭神は倉稲魂命・大山祇命・市杵島 […]