西日本豪雨災害の復旧作業に使用する土嚢袋を集めています

お ね が い  このたびの西日本を中心とする豪雨とこれにともなう河川の氾濫や土砂崩れなどの災害に関し、広島市を中心に各民族派団体の同志が自衛隊や消防とともに復旧作業にあたっていますが、現地では土砂の撤去・搬出に使用する土嚢袋が圧倒的に不足しているそうです。  既に多数の土嚢袋を現地に送っていますが、復旧作業上まだ大量に必要とのことで、有志でさらに集めて現地に送ろうと考えています。実際に地元紙「中 […]

【紹介】安田浩一著『「右翼」の戦後史』(講談社現代新書)が発売されました

 安田浩一氏の新著『「右翼」の戦後史』(講談社現代新書)が発売されました。本書では花瑛塾も取り上げられています。以下、簡単に安田氏と本書について紹介したいと思います。  安田氏はこれまで労働問題など様々な社会的事象や事件を取材し記事を執筆してきましたが、近年では「在特会」に代表されるいわゆる「ネット右翼(ネトウヨ)」の台頭とこれら「ネトウヨ」によるヘイトスピーチなど排外主義・民族差別的な社会情勢を […]

自民党・古屋圭司衆議院議員のパーティー券収入過少記載・裏金作り疑惑と沖縄蔑視・差別発言について

 本日17日「朝日新聞」朝刊にて、自民党・古屋圭司衆院議員(衆院議院運営委員長)の事務所が、開催した政治資金パーティーのパーティー券販売の実態をノートで管理し、政治資金収支報告書には実際の収入の半分程度の額を記載していたことがスクープされた。  政治資金規正法によると、パーティーごとの総収入や1件のパーティー券購入額によっては、政治資金収支報告書に購入者の総数や購入者の名前を記載する必要があり、古 […]

平成30年7月15日 花瑛塾行動隊街頭行動(車両街宣)

 花瑛塾行動隊は15日、防衛省・アメリカ大使館・首相官邸・自民党本部周辺にて、沖縄県に過度に集中する米軍基地の存在と日本側に不利な内容となっている日米地位協定など日米安保体制の見直しを訴える車両街宣を行いました。  現在、沖縄県には米海兵隊キャンプや演習場など在日米軍専用施設の約7割が集中し、地域住民は軍用機の騒音に悩まされ、事故や犯罪などの危険にさらされています。そもそも米軍基地として提供されて […]

安田浩一「38歳、女性右翼活動家がアメリカと断固闘い続ける理由」( 講談社「現代ビジネス」)に花瑛塾が取り上げられました

 今日14日の講談社「現代ビジネス」にジャーナリスト安田浩一氏が花瑛塾を取り上げた「38歳、女性右翼活動家がアメリカと断固闘い続ける理由」との記事が掲載されました。  今月19日発売予定の安田氏の新著『「右翼」の戦後史』(講談社現代新書)では、戦前の右翼の思想と系譜を確認しつつ、戦後の右翼運動史や保守・右派の思想的潮流、そして近年のネット右翼の跳梁が考察されているとのことであり、その一つとして花瑛 […]

【お知らせ】トークイベント「やまとぅ問題を斬る! 沖縄への視点/沖縄からの視点」Vol.2 ―故郷と生活を守るうちなぁの民意へ襲いかかる「やまとぅ」の論理―

 10月5日(金)19:00より、ネイキッドロフトにて以下のとおりトークイベントが開催されます。  皆様のご参加をお待ちしています。 ※ トークイベント「やまとぅ問題を斬る! 沖縄への視点/沖縄からの視点」Vol.2 ─故郷と生活を守るうちなぁの民意へ襲いかかる「やまとぅ」の論理─ 画像をクリックするとPFDでご確認できます。 日時:2018年10月5日(金)OPEN 18:30 / START […]

【お知らせ】公開セミナー「Kaei Seminar」を開催します

 7月30日、「自衛隊沖縄配備のこれまでとこれから─愛国者は「沖縄と自衛隊」をどう考えるべきか─」とのテーマで、公開セミナー「Kaei Seminar」を開催いたします。  詳細は以下よりご確認下さい。画像をクリックするとPDFでご確認いただけます。  日時や内容などの詳細のご確認やお申し込みは下記リンクよりお願いします。なお会場設営の都合上、必ず事前にお申し込み下さい。 KAEI SEMINAR […]

昨年に引き続き第72回靖国神社みたままつり(7月13日~16日)に献灯しました

 7月13日から4日間、靖国神社では毎年「みたままつり」が行われ、各界著名人が揮毫した雪洞や有志による提灯などが奉献されます。昨年に引き続き、本年の第72回みたままつりに花瑛塾も献灯しましたが、現在、靖国神社では雪洞・提灯の飾り付けがおこなわれています。  みたままつりは昭和21年(1946)7月15日に長野県遺族会有志が境内で奉納盆踊り・民謡大会を行なったことを契機とし、靖国神社神職・坂本定夫氏 […]

長期にわたり好調を維持する沖縄経済と支配の言説としての「基地経済」

52ヵ月連続の景況拡大  りゅうぎん総合研究所とおきぎん経済研究所は先月28日、5月の沖縄県内の景況を発表した。沖縄県内では個人消費や建設関連が好調であり、はしかの流行による落ち込みがあったものの観光関連も好調な動きを継続し、りゅうぎん総合研究所は45カ月連続で「拡大の動きが強まる」、おきぎん経済研究所は52カ月連続で「拡大している」と判断するなど景況拡大が続いている。  また今月2日には沖縄国税 […]

花瑛塾会報「神苑の決意」第21号・第22号合併号発行しました

 花瑛塾会報「神苑の決意」第21号・第22号合併号発行しました。読者の皆様のお手許には、近日中に届くと思います。  1面「主張」では、先の米朝首脳会談の意義と今後の展望を確認するとともに、米朝の緊張状態が高まった頃から現在までの花瑛塾の主張と行動を振り返りつつ、これまでの安倍総理による危険かつ無意味な対北朝鮮外交を糾弾し、何らの成果を出し得なかったことについての総括と路線転換を求めています。  そ […]