令和2年2月18日 花瑛塾第23次沖縄派遣団②(竹富島沖縄戦関連史跡見学)

 花瑛塾第23次沖縄派遣団はこの日、八重山諸島の竹富島を訪れ、竹富島に残る沖縄戦関連史跡を見学しました。

大石隊「慰霊之塔」

 米軍の上陸が現実のものとなりつつあった昭和19年(1944)12月、石垣島に配備されていた独立混成第45旅団の第301大隊第1中隊(隊長:大石喬中尉)が竹富島に配備された。人口1200人程度の島に150人もの部隊が駐屯することになり、のどかな島にも緊張が走りました。

 大石部隊は接収した竹富国民学校を兵舎とし、その付近の住宅も接収され中隊本部や大石隊長の宿舎となりました。

旧竹富国民学校

 米軍は竹富島には「4000フィートの滑走路が適している」などと報告しており、竹富島を制圧する何らかの意志や関心があったと考えられます。日本軍も米軍は石垣島上陸の前進基地として竹富島を攻略する可能性があるとし、米軍上陸の可能性が高いと見られた島の南海岸に銃眼を設置するなどしました。

島の南海岸に残る銃眼

 その他、住民のうち男子青年は「くろがね隊」として、女子青年は「薫風隊」として集められ、竹槍訓練や急造爆雷を背負っての敵戦車への自爆攻撃の訓練などに動員された他、防空壕掘りや陣地構築作業などにもかりだされました。

竹富町出身戦没者「慰霊之塔」

 米軍の上陸が間近となると西表島への疎開もおこなわれ、住民は疎開先で飢えや病気に苦しめられたといわれています。

令和2年2月17日 花瑛塾第23次沖縄派遣団①(黒島沖縄戦関連史跡見学)

 花瑛塾第23次沖縄派遣団はこの日、沖縄県の八重山諸島の黒島を訪れ、沖縄戦の戦争遺跡や関連個所を見学しました。

「第28回黒島牛まつり」が告知されている黒島の港

 沖縄戦において、黒島には米軍の上陸やそれに伴う地上戦などはありませんでしたが、米軍が黒島に飛行場の建設が可能であると判断していたこともあってか、面積の上でも人口の上でも比較的小さい島ながら、たびたび米軍の空襲に見舞われました。

 また黒島には日本軍部隊の駐屯はありませんでしたが、「黒島国民学校教員山川敏雄」を名乗る陸軍中野学校出身諜報要員河島登軍曹が昭和20年2月ごろ、「離島残置諜者」として島に送り込まれ、住民を指揮するなどしました。

河島軍曹が宿舎とした民家がある集落

 沖縄島に米軍が上陸した昭和20年4月以降、黒島の住民は河島軍曹の指揮で西表島に疎開しましたが、西表島はマラリア有病地であり、また食糧事情も悪く、住民は疎開により苦しんだそうです。

河島軍曹が教員として送り込まれた旧黒島国民学校(現在の黒島小中学校)

 また、疎開にあたり、「暁部隊」といわれた日本軍の船舶部隊や軍の獣医、と殺技術者が島を訪れ、島で当時約1600頭も飼育されていた牛を接収してと殺し、塩漬けにして石垣島の軍司令部に送ったといわれています。そもそも軍は島の牛を奪い、食糧とするためと殺がおこなわれた島の伊古の海岸は、おびただしい牛の骨が山積みとなる異様な様相だったそうです。

牛のと殺が行われた伊古の浜

 黒島は現在も住民の数より牛の数が多い島として有名であり、毎年2月の最終日曜日には「黒島牛まつり」というイベントも開催(今年は23日に開催予定)されていますが、黒島の沖縄戦に関する史跡や関連個所を見学し、黒島の牛に関わる悲劇の歴史を学びました。

令和2年2月11日 紀元節奉祝・神武天皇御陵遥拝

 紀元節のこの日、神前にて紀元節をお祝い申し上げるとともに、神武天皇御陵遥拝式に参列しました。

 紀元節とは、明治初期から終戦直後までの祝祭日であり、神武天皇の即位を祝うものです。『日本書紀』には神武天皇即位について「辛酉年春正月庚辰朔天皇即帝位於橿原宮」とあり、明治6年の太政官布告によって2月11日が神武天皇即位の日「紀元節」とされましたが、終戦後の昭和23年、GHQの意向もあり「国民の祝日に関する法律」の制定によって廃止されました。

 ところが昭和41年、2月11日が「建国記念の日」として祝日となり、「建国をしのぶ日」とされました。しかし紀元節は神武天皇即位の日であっても、日本建国の日とすることは難しいのではないでしょうか。つまり日本の建国はあくまでも瓊々杵尊の天孫降臨によるものであり、それは神武天皇即位以前のはるか遠い昔の出来事であるはずです。

 あえていうならば神武天皇即位とは「建国中興」であり、紀元節の佳き日に神武天皇即位のお祝いを通じて、天孫降臨による日本の建国と、神武天皇即位による建国中興の大業をしのぶという意味での「建国記念の日」と認識し直す必要があるのではないでしょうか。

 実際、紀元節制定に尽力した大国隆正や玉松操あるいは岩倉具視といった幕末・維新期の国学者や神道家、政治家も紀元節を建国の日とはしておらず、そのことは『日本書紀』以降の古代の文献や北畠親房らの中世の思想書・歴史書などにもあきらかです。

 他方、歴史学の立場からは、神武天皇即位紀元は讖緯説に基づくものであり、推古天皇9年辛酉正月朔日から辛酉革命の起きる1260年ほど前倒しして設定されたともいわれております。そうすると推古天皇9年辛酉自体が聖徳太子など当時の人々にとって革命の年と考えられていたともいえるのであり、実際に十七条憲法の制定や隋との外交関係の確立など、推古天皇9年辛酉の年とその前後は国家の大変革の時期でもありました。

 天孫降臨による日本建国、神武天皇即位による建国中興、そして推古天皇9年辛酉という国家大変革という建国とその中興に関する様々な歴史と事情を学び、私たちはこれからの建国中興と大変革へ歴史をつむいでいくべきではないでしょうか。

【お知らせ】北原みのり・朴順梨『奥さまは愛国』(河出文庫)が出版されました

 北原みのりさん・朴順梨さんのご著書『奥さまは愛国』(河出書房新社、2014年)がこのたび文庫版として河出文庫から出版されました。

 文庫化にあたり、単行本発売時から現在までの最新の情勢が増補されており、花瑛塾についても触れられています。ご購読下さい。

内容紹介

愛国思想を持ち、活動に加わる女性が激増している。フェミニストと元在日韓国人三世が、彼女たちの現場を訪ね、その実相に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

愛国思想を持つ女性たちが激増している。彼女たちは日の丸を掲げ、率先してヘイトスピーチをしながら、家に帰れば夫や子どもに食事を用意するような“よき、普通の”主婦だ。彼女たちの動機は何か、社会に何を望み、何を愛し、守ろうとしているのか?明治神宮、新大久保、皇居、朝鮮学校、靖国神社などの現場を訪ね、その実相に迫る。文庫化にあたり、最新状況を増補した決定版。

著者について

北原 みのり
1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。
96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。
著書に『木嶋佳苗100日裁判傍聴記』『性と国家』(共著)など多数。

朴 順梨
1972年、群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、TV制作・情報誌編集を経てフリーライターとなり、「AERA」等に寄稿。
元・在日韓国人三世。著書に『韓国のホンネ』(安田浩一氏との共著)『離島の本屋』がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

北原/みのり
1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立

朴/順梨
1972年、群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、TV制作・情報誌編集を経てフリーライターとなり、「ニューズウィーク日本版」等に寄稿。元・在日韓国人三世(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

令和2年2月1日 KAEI SEMINAR『国体論』と沖縄・アジア 講師:白井聡さん

 京都精華大学人文学部で専任講師として研究・講義をなさっている白井聡さんをお招きし、KAEI SEMINAR の講師にお招きし、「『国体論』と沖縄・アジア」とのテーマでお話しをお伺いしました。

セミナーの様子

 白井さんは主著の『永続敗戦論』や『国体論』などにおいて沖縄の問題を取り上げている他、様々な媒体での記事で沖縄の問題について発言しています。

 そのなかでも白井さんは沖縄について、敗戦を否認しアメリカに従属する「戦後の国体」の「構成的外部」にされたと分析し、沖縄に米軍基地が集中されることにより、「暴力としてのアメリカ」と「文化としてのアメリカ」の二面性が隠ぺいされ、「本土」では後者のみを楽しく消費している状況にあると厳しく指摘されました。

 また、アジアの問題としては、2年半前の米朝緊張について取り上げ、北朝鮮への圧力を叫ぶ安倍総理による国連演説は、朝鮮戦争の終結により「戦後の国体」が崩壊するくらいならば、むしろ朝鮮戦争が再開して欲しいという本音のあらわれではないかとします。

 その上で、こうした「戦後の国体」は「戦前の国体」と同じ歩みをしており、「戦前の国体」が70数年で崩壊を迎えたように、「戦後の国体」も早晩崩れ去れるのではないかとお話しされました。

 非常に刺激的で、また勉強になりました。講演いただいた白井さん、そしてご参加いただいた皆様に御礼申し上げます。

 次回の KAEI SEMINAR の予定が決まりましたら、またご案内させていただきます。

令和2年1月25日 花瑛塾第22次沖縄派遣団③(映画「ふじ学徒隊」鑑賞など)

 花瑛塾第22次沖縄派遣団は25日、コザ(沖縄市)のシアタードーナツ・オキナワにて上映中の短編ドキュメンタリー映画「ふじ学徒隊」を鑑賞しました。

ふじ学徒隊を追ったドキュメンタリー!映画『ふじ学徒隊』予告編

 沖縄戦時、私立沖縄積徳高等女学校の女学生たちは、積徳学徒隊(ふじ学徒隊)として豊見城の野戦病院に看護補助員として動員されました。訓練も充分に受けないまま野戦病院に動員され、大変悲惨な思いをします。

 映画では、そうしたふじ学徒隊の生存者の元女学生たちのインタビューがまとめられており、沖縄戦の悲痛や苦痛が語られている他、軍医の小松勇介氏の「人間の尊厳」の配慮なども語られており、厳しい環境の中でも希望を失うことなく生きた女学生たちの姿が映画となっています。

 鑑賞後、那覇市の大典寺に建立されている積徳高等女学校慰霊之碑を訪れ、犠牲者を慰霊しました。

 その後、浦添市の平敷兼七ギャラリーにて沖縄の写真家である平敷兼七氏撮影の写真展「辺野古1968-1972」を鑑賞し、桶を持って風呂坂を歩く女性たちなど、今では見ることのできない往時の辺野古の人々の日常の生活を写し出した作品に接しました。

 また沖縄県立博物館・美術館を訪れ、開催中の企画展「作家と現在」にて、写真家の石川竜一、伊波リンダ、根間智子、ミヤギフトシの各氏の作品を鑑賞しました。各氏の作品から沖縄を感じることはもちろんながら、写し出された綺麗なビーチで楽しむ米兵の姿など、過去と現在が融合されたような、あるいは時代を錯覚するような作品に接し、衝撃を覚えました。

令和2年1月23日 花瑛塾第22次沖縄派遣団②(北部訓練場)

 花瑛塾第22次沖縄派遣団は23日、沖縄北部の米軍演習場「北部訓練場」前での訴えがけと、北部訓練場返還地の調査を行いました。

北部訓練場メインゲート

 午前中は、北部訓練場メインゲート前にて、沖縄の誇る政治家である西銘順治が沖縄の心として表現した「やまとんちゅになりたくてなりきれない心」との言葉は、これはけして否定的な意味ではなく、むしろ沖縄の誇りをいうものだととらえ、沖縄の心に基づいて誇り高く基地のない沖縄を目指そうと語りかけました。

 その後、北部訓練場の返還地に入り、米軍が廃棄したと見られる機関銃の銃弾や弾倉など危険な物品をはじめ各種の廃棄物を発見、回収しました。

 平成28年末に北部訓練場の過半が返還されましたが、その返還地では今なお銃弾など危険な米軍の廃棄物が無数に放置されています。米軍が演習地でどれだけ危険でやりたい放題の演習をしていたのかわかるとともに、沖縄防衛局と「いであ」社が行ったとする廃棄物撤去などの返還地の支障除去作業は適切だったのか考えざるをえない。

返還地で発見した銃弾

 なお、返還地で銃弾などの危険物を発見し警察に通報しても、警察は回収しようとしません。東京都内にも練馬の旧キャンプ・ドレイクなど米軍基地の返還地はありますが、もしそこで米軍が投棄したと見られる銃弾が見つかったとして、警察が回収にもこない、マスコミが報道もしない、誰も関心をもたないなんてことがあるでしょうか。

 沖縄であれば返還地に銃弾が放置されていても仕方ないということはありません。本来であれば米軍自身が自分たちの捨てた廃棄物を回収するべきですが、警察や沖縄防衛局はじめ日本の行政機関も返還地において適切に職務を執行するべきです。

令和2年1月22日 花瑛塾第22次沖縄派遣団①(北部訓練場返還地における銃弾など米軍廃棄物の調査)

 花瑛塾第22次沖縄派遣団は22日、沖縄北部の東村・国頭村にまたがる米軍演習場「北部訓練場」の返還地に入り、銃弾をはじめとする米軍が投棄したと思われる廃棄物などの放置の実態を調査しました。

発見された空包

 米軍施政権下に設置された北部訓練場は沖縄最大級の広大な米軍演習場ですが、平成28年12月に訓練場内に四ヵ所のヘリパッド(先行して建設されたヘリパッドを含めると六ヵ所)の新設と引き換えに、その過半が返還されました。

 沖縄防衛局は返還後一年をかけ、「いであ株式会社」を通じて返還地に投棄された米軍の廃棄物の撤去など支障除去作業を行いました。しかし、今日に至るまで、銃弾や照明弾、ドラム缶、巨大な鉄板など、危険物や法令に触れる物も含め、様々な米軍の廃棄物・残置物が見つかり、放置されています(必要に応じて、チョウ類研究者のアキノ隊員が回収できる物は回収したりしているそうです)。この日の調査でも、大量の空包やオイル缶、ケーブルボビンなどを発見しました。

 はたしていであ社は、北部訓練場返還地の廃棄物の撤去など支障除去作業をきちんと実施したのでしょうか。また沖縄防衛局はいであ社による支障除去作業を適切に監督し、作業が正当に行われたのか確認したのでしょうか。一年をかけて支障除去作業をやったにしては、あまりにも多数の廃棄物の放置が確認されており、作業のずさんさを感じます。

発見された空包とオイル缶のようなもの

 政府は北部訓練場返還地を含む沖縄北部一帯を世界自然遺産に登録しようとしていますが、銃弾をはじめとする危険な米軍廃棄物が放置されている地域を世界自然遺産に登録していいのでしょうか。また登録されれば、今後の米軍廃棄物の撤去なども難しくなるかもしれません。

 いであ社は現在、北部訓練場返還地の支障除去作業を再開し、現在実施中とのことですが、適切な作業の実施が求められるとともに、沖縄防衛局もいであ社の作業の実施状況をきちんと指導監督するべきです。

令和2年1月12日、19日 埼玉県護国神社雅楽会吹始め、埼玉県護国神社清掃奉仕

 1月12日、埼玉県護国神社にて同社雅楽会の吹始めが行われ、奉納演奏のための雅楽のお稽古を行いました。

 雅楽会有志として昨年8月14日、埼玉県護国神社みたま祭前夜祭で奉納演奏などを行っています。

 また19日、埼玉県護国神社清掃奉仕の会による同社境内の清掃奉仕が行われ、参加しました。

 同社を正式参拝した後、参加者で境内の落ち葉拾いや玉砂利の整備など、約一時間程度、清掃奉仕を行いました。

 埼玉県護国神社清掃奉仕の会はこれまで長年にわたり、年4回、埼玉県護国神社の清掃奉仕を行っている他、大きなお祭りの設営などの奉仕を行っています。

令和2年1月14日 「葦津家之墓」墓参

 戦前の神道家・実業家、そして言論人である葦津耕次郎、およびその子珍彦の眠る「葦津家之墓」を墓参しました。

 葦津耕次郎は明治11年(1878)、筥崎宮の神職である父磯夫と母とらの次男として福岡県箱崎の地に生まれ、筥崎宮に奉職し神明奉仕に励み、後には鉱山業や社寺建築業を営む実業家として活躍する一方、朝鮮神宮御祭神論争など神道・神社の見地から時の政治・社会問題に発言する言論人としても活躍し、昭和15年(1940)に亡くなりました。

 珍彦は明治42年(1909)、そんな父耕次郎と母ナニハの長男として生まれ、戦前は時にアナキズムや社会主義の思想に親しむも、耕次郎の跡を継いで社寺建築業を営みながら、神道的言論人として戦争に向かう時の政治を厳しく批判、戦後は神社本庁の設立に尽力し、活発な言論活動を展開しました。その言論は各方面に多大な影響力を有し、雑誌『思想の科学』の中心的人物である哲学者の鶴見俊輔と親しく交わったことはよく知られています。

 珍彦は平成4年(1992)に亡くなり、戦前より居を構えた鎌倉の地に耕次郎とともに(母ナニハや珍彦の妻テルも同じであろうが)「葦津家之墓」に眠っています。