平成29年9月8日 花瑛塾第10次沖縄派遣団

花瑛塾第10次沖縄派遣団は8日、沖縄県各地を訪れ、様々な取り組みを行いました。

午前中、読谷補助飛行場跡(読谷村)とハンビー飛行場跡(北谷町)を訪れ、返還後の基地跡の現状を確認しました。

読谷補助飛行場は旧日本軍により沖縄戦に向けて建設された「北飛行場」を接収した米軍が拡張した飛行場ですが、SACO合意により返還が決まり、2006年に全面返還されました。読谷補助飛行場ではパラシュート訓練によるトレーラーの落下事故やジェット機の墜落事故など、生命に関わる重大事故が多発し、地域の大きな負担となっていました。

現在は読谷村役場や健康増進センターなど公共施設が建設され、農協の関連施設が建設されるなど、少しずつ跡地利用が進んでいます。

ハンビー飛行場は81年にメイモスカラー射撃場とともに返還され、現在は両者ともハンビータウンやアメリカンレッジなど大型商業施設が立ち並び賑わっています。

基地跡地の確認後、沖縄市戦後文化資料展示室「ヒストリート」(沖縄市)や1970年にコザ暴動が発生した胡屋十字路(同)を見学し、コザの歴史やコザ暴動、あるいは1945年9月7日に沖縄で行われた沖縄戦の降伏調印式について学びました。

嘉手納飛行場が位置する沖縄市(コザ)では、米兵のもたらすアメリカンカルチャーによって独特の情緒ある歓楽街が形成され発展しましたが、同時に米兵による事件事故により住民は苦しんでいました。そうした怒りが爆発したのがコザ暴動であり、沖縄を考える上で知るべき出来事です。また1945年9月7日、現在の嘉手納飛行場に位置する越来村森根(現、沖縄市)にて沖縄戦の降伏調印式が行われました。

午後は、昨年、米軍属に殺害されたうるま市の女性を追悼するため、女性の遺体が遺棄された現場にて心からの慰霊のまことを捧げました。この場所はいまでも多くの人が訪れ手を合わせたり献花をするなどしており、この日も一般の方が慰霊に訪れていました。

その後、国立劇場おきなわ(浦添市)にて「平成29年度沖縄県伝統芸能公演 かりゆし芸能公演」(琉球舞踊 玉城流翔節会)を鑑賞し、「長者の大主」や組踊「花売の縁」より猿引の場など、琉球舞踊を中心とした琉球・沖縄の芸能を楽しみました。

平成29年9月6日 北朝鮮問題に関する花瑛塾行動隊街頭行動

花瑛塾行動隊はこの日、朝鮮総連本部前にて北朝鮮のミサイル発射・核実験に強く抗議し、その兆候が見られる再度のミサイル発射について自制を求めました。

北朝鮮のミサイル発射や核実験は国連安保理決議に違反するものであり、国際社会への重大な挑戦であるとともに、東アジアに不必要な軍事的緊張をもたらすものです。さらに厳しい経済情勢による国民生活の窮乏がいわれている北朝鮮人民にとっても、北朝鮮指導部が推し進める軍事的挑発や軍備拡大は大変な負担であるはずです。

朝鮮総連本部での抗議後、首相官邸前にて安倍政権が日本国内のみならず世界各国に焚きつけている無意味かつ危険な対北朝鮮強硬論を糾弾しました。小泉政権時代、第1次安倍政権時代と、安倍首相は対北朝鮮強硬外交を展開しましたが、日本人拉致事件はじめ日朝懸案事項は何らの前進も見られませんでした。今日の北朝鮮をめぐる緊迫した情勢を生んだ一因に、安倍首相の対北硬論がないとはいえません。安倍首相は自身のこれまでの対北外交の失敗を総括するなかから、現在の事態を解決するためのあらたな方途を探し出すべきです。

その後、アメリカ大使館前にて対話と平和的解決を大原則とした北朝鮮問題への対応をアメリカ政府に求めました。国連は安保理議長声明というかたちで、北朝鮮問題について各国に対話と平和的解決を呼びかけています。国際社会の安寧と協調に責任を有するアメリカは、こうした安保理議長声明を受け入れ、米朝直接対話を行うべきではないでしょうか。

またアメリカ大使館前では、沖縄での新基地建設や基地機能強化などの基地問題や、刑事裁判権などの問題が指摘されている日米地位協定など日米安保体制の問題点を訴えるとともに、アメリカはこの問題について無答責ではなく、基地使用者・駐留者としてアメリカもまた積極的に問題の解決に乗り出す義務があることを訴えました。

平成29年9月6日 関東大震災「福田村事件」慰霊・追悼

「関東大震災福田村事件犠牲者追悼慰霊碑」(千葉県野田市)に献花をし、慰霊のまことを捧げました。

1923年9月1日の関東震災発生から5日後の9月6日、同地で香川県出身の行商人らとその家族15人が自警団に襲われ、幼児や妊婦を含む9人が虐殺されました。いわゆる「福田村事件」です。

震災発生直後より「朝鮮人が放火をしている」「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」などといった民族差別に基づくデマが飛び交い、各地で結成された自警団が片っ端から誰何尋問を行い、自警団そして軍や警察によって朝鮮人や中国人あるいは社会主義者が虐殺されたことは歴史的な事実です。

福田村事件の背景にも震災時の民族差別デマが存在したことはいうまでもありません。さらに被害を受けた行商人らが被差別部落出身者のため、事後の救済もほとんとされず、事件を起こした自警団の首謀者らも早々に釈放されたといわれています。

平成29年9月6日 映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』(監督:佐古忠彦氏)を鑑賞しました。

本作は、沖縄人民党委員長や那覇市長・国会議員などとして活躍した政治家・瀬長亀次郎を扱うものです。

本作は沖縄で先行公開され、現在はユーロスペース(東京都渋谷区)にても公開中です。

瀬長は勿論、瀬長と共に戦った沖縄の人々の思いにもまた胸をうたれました。

本作と瀬長について、以前の記事で取り上げました。以下、ご覧下さい。

映画『米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー』(監督:佐古忠彦氏)

平成29年9月3日 北朝鮮問題に関する花瑛塾行動隊街頭行動

花瑛塾行動隊は、朝鮮総連本部前にて北朝鮮が先月29日に強行したミサイル発射、およびこの日に強行した核実験に抗議しました。その後、首相官邸前・自民党本部前・アメリカ大使館前にて、日米両政府と北朝鮮との対話の開始と核兵器の廃絶を求めました。

北朝鮮のミサイル発射および核実験は、国連安保理決議に違反するものであり、国際社会への重大な挑戦です。そして東アジアにおける不必要な軍事的緊張を高めるものであり、許してはなりません。さらに世界的な核廃絶・核軍縮の取り組みに逆行するものであり、認めることはできません。

しかし、そうであるからといって、安倍政権の対北朝鮮外交硬論は大きな間違いです。安倍政権は北朝鮮の「危機」や「脅威」を煽り、最大限の政治的レバレッジをかけた対北硬論にひた走っていますが、はたしてこの路線に意味はあるのでしょうか。むしろ日本と東アジア諸国を危険に晒すものではないでしょうか。安倍首相は小泉政権時代や第1次安倍政権時代も含め、自身の過去の対北硬論が北朝鮮問題の解決に資することはなく、むしろ問題を悪化させ、今日の緊迫した事態を招いた一因となったことを総括するべきです。

上述のように、北朝鮮のミサイル発射や核実験は国連安保理決議に違反するものですが、同時に国連は北朝鮮問題における「対話」と「平和的解決」を安保理議長声明というかたちで各国に呼びかけていることも事実です。緊迫した現状においてこそ、日米両政府は事態の平和的解決へ向けて努力すべきであり、北朝鮮も含む東アジアと世界の核廃絶の動きのなかに問題を位置づけていくべきではないでしょうか。

現在、北朝鮮が再度ミサイルを発射する兆候が見られるとの報道もあります。花瑛塾は事態を注視し、再度の発射があった際には北朝鮮の軍事的挑発を断固として糾弾するとともに、日米両政府へ早急な北朝鮮との対話の開始を求めていく決意です。

平成29年8月31日 花瑛塾行動隊街頭行動

花瑛塾行動隊はこの日、自民党前・首相官邸前で安倍政権が強行する辺野古新基地建設や北部訓練場ヘリパッド建設など、沖縄での新基地建設・基地機能強化に抗議すると共に、北朝鮮のミサイル発射など「北の脅威」なるものを扇動し、北朝鮮による日本人拉致事件などの懸案事項の解決のための対話を蔑ろにする安倍政権の無意味かつ危険な対北外交を糺しました。

その後、アメリカ大使館前にて広島・長崎原爆投下や東京大空襲、近くはイラク戦争におけるファルージャ掃討作戦など、アメリカの好戦的体質と世界各地で行った戦争犯罪を弾劾しました。

平成29年8月31日 東京都慰霊堂参拝

1923年9月1日に発生した関東大震災より94年を明日に控えたこの日、東京都慰霊堂(東京都墨田区横網公園)と敷地内に建つ震災遭難児童弔魂像や虐殺された朝鮮人犠牲者追悼碑など各碑の前にて慰霊・献花をしました。

東京都慰霊堂は関東大震災の犠牲者の御遺骨を納める施設として昭和5年に建てられました。また戦後は東京大空襲犠牲者の御遺骨も納めており、関東大震災と東京大空襲犠牲者の慰霊施設として、東京大空襲が起きた3月10日と関東大震災が起きた9月1日には春秋の慰霊大法要が行われます。

この日も慰霊堂内には秋篠宮ご夫妻、内閣総理大臣、衆参両院議長、東京都知事など、各界からの弔花が献じられていました。震災による死者は14万人を数え、負傷者も10万人を超えます。家屋の崩壊、火災、津波などあらゆる災厄が東京を中心に関東全域を襲い、多くの人が犠牲となりました。心より哀悼の意を表します。

犠牲者は自然災害だけではなく、流言飛語による虐殺事件というかたちでも発生しました。東京都知事や墨田区長が朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文の送付を拒否したことが話題となっていますが、関東大震災時における朝鮮人や中国人そして社会主義者などの虐殺は歴史的事実です。

関東大震災発生直後の9月1日15時過ぎには「社会主義者・朝鮮人による放火」とのデマが飛び交い、民間人自警団や軍・警察による誰何尋問が行われ、夜半には朝鮮人の虐殺が始まりました。虐殺は社会主義者や中国人も標的となりました。虐殺を首謀した公権力や民間人の責任は勿論、「メディアの扇動」も見過ごせません。

震災から3ヶ月後の帝国議会では代議士・田渕豊吉や永井柳太郎が朝鮮人虐殺や政府が出元である流言蜚語について責任を問いましたが、首相・山本権兵衛は返答を避け、調査なども行いませんでした。負の歴史を修正・捏造するのではなく、これを見据え、受け止める必要があるはずです。

平成29年8月26日 関東大震災における外国人虐殺被害者慰霊

1923年9月1日に発生した関東大震災より94周年を間近に控え、震災直後の9月3日に惹起された中国人虐殺事件「東大島町事件」の現場(東京都江東区大島8丁目)を訪れ、慰霊・鎮魂の祈りを捧げました。

震災直後に発生した「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「社会主義者が革命を企てている」などの流言飛語により、多数の朝鮮半島出身者や社会主義者が軍や警察そして民間人・自警団により虐殺されましたが、中国人も多数虐殺されました。

東大島町事件とは、震災直後、この付近に住んでいた中国人労働者の宿舎に軍や警察や民間人が押し寄せ、中国人を外に出した上で虐殺したというものです。事件の背景には、日本人のなかにあった中国人労働者への蔑視や、中国人労働者を斡旋する手配師たちによる労働者の整理があったともいわれています。その他にも、中国人留学生・王希天が警察により拘束された後、軍により虐殺される「王希天事件」なども発生しました。

天才的な文学者・民俗学者である折口信夫は、関東大震災発生直後に第2回沖縄採訪を終え横浜港に帰港しますが、帰路、自警団の尋問に合いました。折口はその時のことを、

「道々酸鼻な、残虐な色色の姿を見る目を掩ふ間がなかった。歩きとほして、品川から芝橋へかゝつたのが黄昏で、其からは焼け野だ。自警団の咎めが厳重で、人間の凄ましさ・あさましさを痛感した。」(折口信夫「砂けぶり」自註)

と述べています。さらにその後の日本人による外国人虐殺の悲しみを「砂けぶり 二」という詩に綴りました。

砂けぶり 二

両国の上で、水の色を見よう。
せめてもの やすらひに―。
身にしむ水の色だ。
死骸よ。この間、浮き出さずに居れ

横浜からあるいて 来ました。
疲れきつたからだです―。
そんなに おどろかさないでください。
朝鮮人になつちまひたい 気がします

夜になつた―。
また 蝋燭と流言の夜だ。
まつくらな町で 金棒ひいて
夜警に出掛けようか

井戸のなかへ
毒を入れてまはると言ふ人々―。
われわれを叱つて下さる
神々のつかはしめ だらう

かはゆい子どもが―
大道で しばいて居たつけ―。
あの音―。
帰順民のむくろの―。

おん身らは 誰をころしたと思ふ。
かの尊い 御名において―。
おそろしい呪文だ。
万歳 ばんざあい

この詩から、折口による日本人そして人間の残虐さの告発を読み取ることができます。

現代は世界的に歴史修正主義が吹き荒れ、それは日本も例外ではありませんが、国を思い、愛すればこそ、自国の歴史の負の部分から目を背けず、これを引き受ける必要があるのではないでしょうか。

関東大震災における流言飛語と虐殺事件については、内閣府中央防災会議の報告書が簡潔かつ要領よくまとめている他、仁木ふみ子『震災下の中国人虐殺 中国人労働者と王希天はなぜころされたか』青木書店、西崎雅夫『関東大震災朝鮮人虐殺の記録 東京地区別1100の証言』現代書館、 田中正敬「関東大震災時の朝鮮人虐殺と地域における追悼・調査の活動と現状」(『大原社会問題研究所雑誌』 669号)など、多数の著書や研究論文があります。

 

平成29年8月23日 神仏奉拝(金刀比羅宮、月寒神社)

金刀比羅宮(東京都港区)を参拝しました。

同宮は江戸時代に讃岐国丸亀藩主・京極高和が金刀比羅宮(本宮)の御分霊を藩邸内に勧請したことを創建の契機とします。御祭神は大物主神・崇徳天皇です。江戸市中の人々の尊崇を集め、藩邸を開放し参拝を認めたとの逸話もあります。

月寒神社(札幌市豊平区)を参拝しました。同社は広島県出身の移住民が勧請し、大正7年に村社に列格されました。御祭神は倉稲魂命・大山祇命・市杵島姫命・宇摩志麻遲命です。

同社の鎮座する月寒公園内には忠魂納骨塔があり、日露戦争から先の大戦までの戦没者の遺骨や霊璽簿が納められています。